専門家への道と言う選択

迷彩Pこと迷彩プロデューサー小田原です。

今年に入り、美容室氷河期が

更に加速してる様に感じる

今日この頃❗
ちなみに当社は、9年目に

入りましたが毎年増益増収😤

凄いっしょ〜

(…と言いつつもかなり厳しく閉店に追い詰められそうになった時もありますが…)
でもこれって実はムチャクチャ

凄い事してる訳では無いのです!

もちろんスタッフ一人一人の

力は物凄く大事です。

ただ、もうちょい大切な

ことがあるわけです。

それは・・・

専門性を持つこと。

誰にも負けなくて、

誰にも真似できない所で。

いろいろな店を見ていると・・・

「うちはねー、カットもカラーもパーマもうまいんですよ!」

「コンテストや撮影も力を入れてて賞も取ったりしてるんですよ」

こんな話や広告、ホームページ

などをよく見かけます!

決してダメではないです。

むしろいいんじゃないですか??

→そこが誰にも負けない圧倒的な部分

なら・・・

でもね、その分野で圧勝する

お店って結局地域で1番の

うまい店なんですよね!

そこを狙うか狙わないかは

皆さんが決めること。

そこにたどり着くまでに

何年かかるのか・・・

ほんとにそこまで行けるのか・・・

あの店を超えれるのか・・・

色々考えちゃいますね。


(うん、バリのハンバーガーうまいね)

じゃあどうしたらいいのか?

例えば皆さんにパワーが

100あるとします。

今までは・・・

カットに20
カラーに20
パーマに20

トリートメントに20
ヘッドスパに20
こんな感じで全てにおいて

均等に力を入れていたのでは?

だから外からみたらすべて

平均点の普通な店。

目立てないよくある店。

・・・

じゃあどうしましょうか?

・・・
全部じゃなくて、どれかに集中して
100あるパワーを全てつぎ込む!

そうしたらその分野では

最強になれそうじゃないですか?

少なくとも今よりも

強みのある店が作れます。

え?

ええっ?

じゃあ他のメニューやサービスは

ダメになるんじゃないの??

こんな声が聞こえてきますが・・・

全然大丈夫です!

根拠は??

ハイ!あります!

ありありですね。

と言うことで続きはまた明日

今日も生意気言いましたが、

今後もお付き合いください。
迷彩P小田原

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です